• トップページ
  • ››
  • 【過去のセミナーご紹介】認知症予防のための誰にでもできる椅子空手体操

  • 標準サイズ
  • 拡大サイズ

過去のセミナーご紹介

高齢者が日本をささえる Vol.29

認知症予防のための誰にでもできる椅子空手体操

11月24日(土) 10:00~
札幌エルプラザ4階 中研修室
小瀧歩(アグリマス株式会社 代表取締役 神道自然流空手 初段)

「礼に始まり、礼におわる。黙想!」(3分間)

芯の通った声に、ざわついた気配は一掃され空手ワールドに突入。

とはいえ前半は座学。認知症の早期段階における判定及び対策プロジェクトを主導していることについて話されましたが、母親の認知症発症によるところが大きかったという。参加者は認知症介護家族でもある小瀧氏の話に聞き入った。

後半、空手着に着替えた師は、椅子空手体操を指導し始めた。見様見真似で怪しい動きの中に、真剣さと笑いと力強い気合の掛け声が混じる。集中力と熱気!

身体も心もあたたまり、評価は最高!また開催して欲しいという声が多かった。

<認知症予防のための椅子空手体操 セミナー参加者の声>

・面白かった(40代)

・又、実施してもらいたい、検証結果を聞きたい。(50代)

・先生の経験談だったので、現実的で興味深かった(座学)(60代)

・普段やらない体操で、大変良いことだと思いました。体があたたかくなりました。(60代)

・血流が良くなり、暖かくなり気持ち良かったです。(70代)

・スバラシイの一言につきました。(70代)

・わかり易く、非常に楽しいセミナーでした。無理なく身体を動かし 有意義な1日。(80代)

・椅子に坐ったままの空手体操、とても楽しかった。ときどき教えてほしいと思います。体が軽くなった様に思いました。(80代)